読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mitamareiki’s diary

光星からのメッセージ

一人暮らしの女性へ・・・

 

昨今の犯罪多発のおり、男性も含めて、特に女性の一人暮らしの方は、自分の身は

自分で守るという気概と意識が必要であることを肝に銘じて頂きたい。

邪悪な心を持つ人間にとっては、人を殺すことなど「へ」とも思わないし、強姦も

力づくでも女を犯してやると強欲の塊に落ちている輩であるからして、何らの

自責の念も持たず良心の呵責など欠片もない野獣そのもであることを、一人暮らしの

女性は心に刻むべきだと・・・

 

昼間であろうと、夜間であろうと、インターホンがピンポンと鳴っても、ドアを

ノックされても、直ぐに ドアを開けてはならない。開錠してはならない。

インターホンで「水道工事」に来ましたとか、「~の点検」に来ました、

「??会社の者です。~の点検」に来ましたとか、いろいろと巧みな言葉で

施錠を解いてドアを開けさせようとしてきますが、絶対にあけてはならない。

マンションやアパート、一戸建てでも、工事や点検については、必ず、その会社なり

管理会社から事前に連絡があって、その後に、指定された日に工事や点検が

行われることになります。 何の連絡も無しに、突然、訪問してきて「工事」だとか

「点検」などが実施されることはほぼ100%ありません。

変だと思って、訪問してインターホンを鳴らした相手の会社名と名前を問いただすと

「ふにゃふにゃふにゃ~」と何を言っているか聞き取れない言葉で明確にはっきりと

社名を言いません。 あるいは、そのまま退散する場合もあります。

 

とにかく、工事にしても点検にしても、事前連絡がありますから、突然の訪問で

点検とか工事とか言ってくる輩は、セールスか、何か悪巧み(強姦・強盗)の

どちらかですから、けっして、ドアを開けない事です。

場合によって、直ぐに 110番して警察に通報してください。

 

それから、ある程度、自分自身で身を守る対策をすることです。

部屋の中に、少し隠れたところに、「ナイフか長めの包丁」と「木刀」を置いて

おくことを進めます。 レストランでシェフがステーキを切る包丁がありますが、

少長めのナイフのような包丁です。 これはもちやすいし扱いやすいですから、

いざというとき、身を守るのに最適です。 ショッピングセンターや日曜大工

店にあります。

木刀は、先端から10センチほど のこぎりで切断して、短くしていると使いやすい。

 

こうしていれば、不審者に侵入されて強姦されそうになったら、隠していたナイフを

持って、刺し殺せばよろしい。 強姦されたあと、殺される確率も高いのですから。

英国の英語教師の女性が、確か千葉県だったと思いますが、在日韓国人の男に部屋に

入られて強姦され、殺されました。

 

何度も繰り返しますが、特に女性の方は、狙われ易いので、自分の身は自分で守る

ようにしてください。

 

 

光星美者