mitamareiki’s diary

光星からのメッセージ

食事をするとき・・・

 

食事をするとき「感謝」して食べていますか?

お金を払っているのだから 感謝なんてどうでもいいんだ

 

人間が口にする食べ物、肉でも野菜でも果物でも穀物でも、みんなそれぞれの犠牲が

あって、つまり、動物も植物も生命をもっている存在で、それらの生命の犠牲の上に

人間は食事をすることができるのです。

ですから、食事をするときぐらいは、せめて犠牲になった動物や植物に感謝を込めて

手を合わせ「いただきます」と言わなければならないです。

 

「感謝心」の無い人、「生かされていること」を悟れない人が食事をすると、

食事をする度に「食毒」というカルマを積んで行きます。

やがて、そのカルマが臨界点に達したなら、100%症状として体に表れます。

「癌」であったり、「脳血管疾患」であったり「心臓病」であったり、重き疾患と

なってあなたの生命を削っていくのです・・・

 

 

十次元宇宙創造神は言っています

  「感謝の無い者はもう食べるな」と

 

 

光星美者