mitamareiki’s diary

光星からのメッセージ

「余命三年時事日記」 は、日本を再生する

 

地球上で起きていることは、そこに住む地球人自身の手で解決していかなくては

ならない。 地球上で起きていることを 何故 宇宙人が介入して解決せねば

ならないのか? 何か危機的状況に陥れば 宇宙人が助けてくれると安易な考えを

持っている者達が、スピ系女子に数多く散見されるものである。 所謂、お花畑

平和主義を標榜し、愛を持って接すれば全てが万事良き方向に変えてもらえると

宇宙人や神様、天使様が変えてくれるのだと信じている者たちのことである。

 

何故、地球アセンションは、1999年に実行されず、延長され、2012年にいたっても

実質的な形での次元上昇は起きずして、この娑婆の世界は継続されている。

それはとりもなおさず、地球人類が果たさなければならない責務を、地球人類自身の

手で成さしめるためである。

 

この日本で起きていることも例外ではなく、日本人の手によって解決していかなければ

ならない。 神に頼ることも宇宙人に頼ることもしてはならない。 つまり、高次元

存在への依頼心を捨て去り、日本で起きていることは 全て日本人の責任において

解決していきなさい・・・これが、宇宙神の結論である。

 

従って、私達日本人は、自分達の意思と行動で、日本国に責任を持ち 正しい方向へと

変革していく責務を負っている。

まずは、日本人が成さなければならない最大の命題は、日本人と日本国を貶めている

邪悪な存在・・・つまり、在日韓国人帰化人・在日支那人帰化人、反日勢力、

売国奴・・・を日本から一掃することにある。 彼等は、日本人の手から日本の主権を

奪取するため、あらゆる方面に侵食し、あわや 日本則りが成就する寸前にまで達して

いることを、生粋の日本人は危機感を持って自戒するべきである。

 

ここに、余命三年時事日記が誕生し、危機的状況に陥ってしまった日本国を掘り起こし

少しずつ目覚めてきた日本人らを導きつつ、ようやく 新たなる展開を成せる状況を

確定するところまで来たのである。

 

この事実を、日本神界の神々は 喜びを持って受けとめ、全力で 余命三年時事日記を

支援しているのである。 また、宇宙連合も陰ながら、彼等の勇気ある行動と共に

歩まんとする同士たちを羨望の眼差しで注視しているのである。

日本神界の神々、宇宙連合も 日本が真の「日の丸の国」になることを望んでいる

その日が訪れること無くして、地球ガイアの次元上昇は お預けとなっているのだ

 

 

光星美者