mitamareiki’s diary

光星からのメッセージ

「5月13日福岡・北九州周辺の大規模地震」 は回避されるかも?



急遽、発信された高橋教授の緊急メッセージ

 

5月13日前後に、福岡・北九州周辺で大規模な地震が発生する可能性は「大」である

 

先程、私の守護神からメッセージが入りまして、

地震は起きない」とのことでした。

 

実際、どうなるかは分かりませんが、公に大規模地震の情報が拡散されたことで、

多くの人々の思いの世界・想念の世界で、劇的な動きが出たことで、回避せざるを

得ない状況に追い込まれたのかもしれません。

もし、起きたとしても、それは「人工地震」に違いない・・・

 

どうなるかは断定できませんが、一応、ご報告申し上げました。

私の守護神は「明日5月13日の福岡・北九州の大規模地震は起きない」と・・・

 

光星美者

 

でも、もし、起きてしまったら、ご容赦願います

 

 

 

全面核戦争になれば・・・地球は爆発する

 

ロシアは既に、超高速・最大限のICBM の配備を完成させたらしい

アメリカテキサス州を一発で壊滅・破壊できる威力のある水爆ICBM

日本は南北に長い国土であるから一発では壊滅させられず、北は北海道から

南は尖閣諸島まで、三発くらいは必要か。

それでも、日本列島に限定すれば、首都東京にその水爆を落とせば、日本列島は

一貫の終わりだな

 

いくらトランプだからと言っても、それほど強力なICBM配備したロシアに対して

何にもせずにおかない。対抗処置としてアラスカに強力なICBMを設置するだろう。

また、イギリスやフランスも当然、ロシアのICBMに対する措置を講ずるに違いない。

 

ロシア政府の気持ちも分からないではない。実際に様々な経済制裁によりロシアは

苦境に追い込まれているのだから、軍事的制裁を被る可能性も起こりえる。

やられたやり返す。そうしなければ、国として生き残れない地球の現状なのだから。

 

実際、ロシア政府高官、米国政府高官たちは、地球上で「全面核戦争」が起きれば、

100%、地球は爆発する・・・惑星爆発を起こし、宇宙の塵となる・・・ことに

熟知しているはずだ。

なのに何故、さらに軍拡に奔走し、強力な核爆弾を開発・配備し続けるのか?

 

おそらく、そいつらは、自分たちだけ助かろうと、既に準備を完了したようだ。

つまり、地球製の「宇宙船」に搭乗して、月基地 か 火星基地 に非難する

つもりなのだ。数十年単位で生活できる環境を月基地でも火星基地でも完了した。

だから、いつでも地球から離脱して、地球が爆発しようが安全な月か火星に

非難する計画だ。

知らないのは、間抜けな庶民・住民・地球人だけ・・・ほとんどの地球人は

地球の爆発と共に自らも宇宙の塵となる。

 

私は、そういう事態を想定して、10年前から準備をしてきた。 

ただ一つ、助かる方法がある。

それは、博愛宇宙人らの宇宙船に引き上げてもらうことだ。

しかし、そこは・・・宇宙船内・・・は「真風水」と言って、波動レベルが極端に高く

一切の邪悪が存在しない場所である。少しでも体は汚れている者は絶えられずに発狂す

るか自殺する。カルマも同じ。少しでもカルマが残っていれば、その汚点により気が

狂ってしまうのだ。だから、カルマ清算されていて体が浄化されていて精神レベルが

神意識を超えている者でしか、搭乗させてくれない。

 

私は、全面核戦争が起きる事になれば、博愛宇宙人の宇宙船に引き上げてもらい、

地球を離れることにしている。

 

 

光星美者

 

 

「祠」 には気をつけよう・・・

 

日本の街には、ほぼ全国的に「祠」が祭られている。地元の「地神」が祭られている。

でも、その実態はどうなのでしょうか?

地元の人たちが毎日、掃除をし、水や食べ物を供えて 真心でもって大切に守られて

いる「祠」であれば、大方は地元の人たちに優しい「地神」が鎮座していると考えら

れる。そのような「祠」であれば、見れば分かります。綺麗な波動、優しい波動を

放っていますので。

問題は、なんとなく「嫌な感じがする祠」です。祠が放っている雰囲気とか感じは、

そこに住まっている霊的存在そのものの波動です。少なくとも六次元以上の地神なら

まあ綺麗な波動をしているので、安心できます。 

しかし、五次元以下の邪霊や動物霊や妖怪の類であれば「嫌な感じの波動」を放って

います。もう、それだけで どんな霊がその祠を占拠しているか判断できるという

ものです。

私は、これまで三度、邪霊が巣まわる「祠」の前を通り過ぎただけで、その邪霊に

攻撃されたことがありました。三度ではなく四度ありました。二度は、同じ祠の

魔神であります。この魔神はシツコイ奴で、確か大阪の上本町四町目辺りにある

丁度道路の真ん中に残されている祠です。コイツニハ、私の命を狙ってきたので

この魔神だけは赦さない。

 

今住んでいる家の近くに、広い道路を挟んで向こう側にあるので私の住んでいる

鎮守様ではありませんが、今日、たまたま用事があって その祠の前を通りすぎ

ました。いつも、そこを通り過ぎるのは「気がひける」のです。やっぱり、ろくな

代物ではないようです。

 

普段は夢を見ても、取り留めのない夢ばかりなので、守護神が想念浄化の為に

夢を見させているのですが、今夜は「嫌な夢」を見せられました・・・えっ、

おかしな夢、嫌な夢、なんでこんな夢見るの? 邪霊がいるのか、憑依されて

いるのか、精神集中して探索したところ いましたーそれは憑依霊ではなく

私の思いの中に隠れていたのです。なんだコイツ・・・凝視しているとパッと

霊眼に映りました・・・真っ黒な霊体を確認したので、「おまえは誰だ、

出て行け、立ち去れ、ちょっかいだすな、さっさと出て行けボケ」こういって

躊躇なく追い払いました。いまは、もういません。私の想念から離れてどこかへ

消えていきました。

さっそく、どうして 想念の中に入り込んできたのか昨日、一日の行動を精査

して調べてみました。でも、思い当たることは特に見当たらなかったのですが。

二度・三度 自分の行動について検査してみたところ、一つだけ心当たりが

出てきたのです。そういえば、今朝、あの「祠」の前を通ったっけ。

 

もう、二度と あの「祠」の前は通りません。時間かかりますけど、迂回する

ことにしました。

皆様も、「祠」には気をつけて下さい。

 

 

光星美者

 

邪悪世界、暗黒世界の闇の中で生きている事実に背を向けている限りは・・・

 

地球は修業の星。

闇の支配者たちにとっては、絶好の活躍の場・・・それが地球

 

三次元宇宙に君臨してきた邪悪宇宙人らに、地球創生の時代から蹂躙され、支配されて

きた地球人。

三次元的・物質的支配、奴隷化に加えて

 

四次元以上の霊的世界においても、神と言われる存在から支配・洗脳を受けてきた

 

霊肉両面からの支配下・奴隷化により、地球人は生気を吸われ命を剥奪されてきた。

 

その状況は今も変わっていない。

 

絶対勢力を誇った神々はすでに粛清されたとは言え、いまだに邪霊、動物霊、

邪悪宇宙人らに憑依、生魂障害、精神障害などにより魂と精神の洗脳支配は

続いている。

 

三次元的には、私達の身の回りに展開している無数の闇が活躍し、人々を

貶めようと日々躍動している。

あらゆる情報、社会現象、自然現象、政治、世界情勢、闇が正論の範疇をも

蚕食し我々の想念と意識を撹乱しつつ、ある方向へと引きづりこんでいる。

 

天上界からの眩い光だけでは、到底、太刀打ちできない。

 

今このとき、天からの救援・光のみでは、「修業界」から卒業できない

 

あるとすれば、既に進化して光一元となった「博愛宇宙人」からの救援・光

のみが、我々地球人をして 「修行界」 から脱出させることが可能なの

かもしれない。

 

しかし、それを見出す者、見つける者は 少ない・・・

 

霊的にも物質的にも闇に覆われたこの地球界で、たとえ、アセンションを目指している

者であっても、闇からの蚕食が行われていることに気付く者は少ない・・・

 

光星美者

 

 

 

 

超進化した宇宙人は 宇宙の創造メカニズムを詳細に精細に把握し・・・

 

宇宙には、地球人の頭脳では到底 考えられないような超進化した宇宙人たちが

存在している。

彼等・彼女たちは、究極の宇宙創造主に到達しており、それら究極の宇宙創造主らが

どのような形で、宇宙を形成し創造してきたか全てのメカニズムを解き明かし、その

ノウハウを蓄積してきた。ですから、超進化した宇宙人らは自分たちの持つ超科学を

駆使することで、易々と別の宇宙を創造することさえ可能である。

 

なんでそんなことを わざわざブログに書くのか?

 

地球人や邪悪宇宙人や一般の博愛宇宙人に意識されることなく認識されることなく

地球と地球の周辺領域の影響が、他の宇宙に及ぼさない形を既に構築している

のである。

 

つまり、地球上で何が起きても、その影響は他の宇宙に及ぼさなくなっている。

これが何を意味するのか?

 

最近、私のハートに頻繁に響いてくる「言葉」・・・空中携挙、空中携挙、空中携挙、

そして、寝ているときに夢の中では、核爆弾が破裂する情景・・・

 

アメリカはもう、戦争を始めないと国の経済が持たない

そこで、トランプ大統領が選任され、北朝鮮の核開発を撲滅するという「名目」で

戦争を始めることに・・・

 

支那国は、トランプ氏による屈辱を受けたことを決して忘れない。その報復が

どのような形でなされるか?

 

やはり、米国の北朝鮮攻撃を契機として、まずは、日本に核ミサイルが着弾することで

全世界を巻き込んだ核戦争へと向かっていくかも

 

これで、全人類は滅亡か

 

もともと、地球は、太古より、宇宙にある他の星の屑共が その罪の償いをする

為に送られたきた「監獄」だったのだから

 

でも結局は、罪の償いを果たすことなく返って罪を増幅させて、地球そのものを

破壊する暴挙に至ってしまうのかもしれない

 

僅かに、宇宙船に空中携挙された者だけが、生き残ることになるのか・・・

 

 

光星美者

 

 

北朝鮮からの 「ミサイル」 を宇宙人や神々は迎撃してくれるか?

 

米軍が北朝鮮に攻撃を加えるかどうか、その確率は非常に高くなっています。

この五月の下旬頃が、ターニングポイントになる可能性があります。

 

北朝鮮の核開発とICBM開発を破壊する理由で、米軍は攻撃を加えると報道されて

いますが、実際はもっと深いところにその理由が存在しています。アメリカが

北朝鮮を攻撃することによって、東アジアの現状を大きく変貌させ・・・韓国崩壊、

支那国瓦解、そして日本の在日韓国人朝鮮人・中国人の粛清を画策している

ようです。これは、日本人にとって歓迎されるプランであると思います。

その為に、日本も北朝鮮からのミサイル攻撃を受けることになり、それらのミサイル

の中の幾発かには「原爆」が搭載されることになるようです。こうして、日本は

満身創痍の渦中で、日本の癌を駆逐していくことになります。

 

さて、日本国を守護している神々が、北からのミサイルを撃ち落してくれるのか?

神々が本気を出せば、龍神などによる気象操作で ミサイルに劇的な雷を落として

破壊もしくは軌道を変更することは可能であると言えます。しかし、大気圏外から

落下してくるミサイルの速度は、マッハ10以上になりますので、雷を落としたり

暴風を起こしたりしたぐらいでは、物理的に完璧に破壊・軌道修正を行うことは

現実的に不可能に近いと推測されます。

 

では、宇宙人(博愛宇宙人)のテクノロジーで、日本に着弾するミサイルを破壊・

迎撃してくれるか・・・これはあり得ない。

進化宇宙人の科学技術からすれば、マッハ10以上のミサイルを破壊することなど

容易いことです。しかし、宇宙には厳然とした取り決めが存在しており、無闇に

進化宇宙人が地球上で起こっている事象や事件に干渉したり操作したりすることは

赦されていない。

万が一、全面核戦争に発展することになれば、それにより惑星地球は惑星爆発し、

太陽系も爆発消滅、天の川銀河も爆発・消滅することになるので、さすがに、この

時点では、進化宇宙人たちは、介入し、干渉し、操作して世界的な全面核戦争を

阻止します。

日本だけが被害を被るような事案なら、進化宇宙人が 日本に向かってくる

核ミサイルを迎撃することはありません。

 

厚木が一番あぶない・・・安全な場所へ今からでも避難されたほうが賢明です

 

 

光星美者

 

 

 

都市部に住んでいる人達は、これからが大変・・・

 

人は、霊的なことが分からないから、何かを決めるとき何かを選択するとき、

目に見える物質的な見地から物事を判断して、決定してしまいます。

 

私達の住む周りの世界には、無数の霊的な存在が活動していて 様々な形で直接的・

間接的に関与してきます。

例えば、身近な存在では、守護霊であったり守護神であったり、先導神、指導神など

(自分で認知できなくても)直接にダイレクトに関わってまいります。

 

そうした目に見えない存在たちは、いわば、波動で作られている体をもっており、

光も波動だし、物質的な電波も波動であり、つまり、この世界・宇宙は波動で

創造されています。

 

自然そのままの土地には、地殻から上がってくるエネルギーで溢れています。地下水の

エネルギーであったり、鉱脈のエネルギーであったり、マグマのエネルギーなどが

地殻から地表へと流れ出てきています。それらのエネルギーを「地場エネルギー」と

呼びます。地場エネルギーのある土地は、健全で人間の手で破壊されずに自然そのまま

に残されてきたものです。

地場エネルギーのあるところには、宇宙から「磁場エネルギー」が地表に降りてきます

これら地場エネルギーと磁場エネルギーは、人間が健全に生命を維持していく上で

不可欠なものです。

 

東京や大阪、都市部では、戦争当時、大量の焼夷弾や爆弾が米国のB29により落と

されましたので、徹底的にその土地は破壊され、地場エネルギーと磁場エネルギーは

消滅しています。

つまり、その二つのエネルギーが消滅している都市部は、人間の住むところではなく

なっています。

 

そうした都市部では、人は気が付きませんが「魂」が叫べ声をあげて苦しんでいます。

「魂が苦悶している」このことに気付けず、地場エネルギーと磁場エネルギーが破壊

され消滅している土地に住み続けていれば、決して、「悟りを得る」ことはできま

せん。そのような状態では、波動体も健全性を保つことは困難です。

そのような人が、この世を去って死後の世界へ行くことになれば、決して、天上界

へは昇れません。霊界までです。しかも、今の地球には霊界はありませんので、

遥か彼方に移行した霊界を捜し求めて歩き続けなければなりません。

 

人は、目に見えることしか意識できないので、肝心なことが欠落した選択をし、

彷徨い続けることになります・・・

 

こうしたことを理解するのは、宗教をしている人でも、無理でしょう。創価学会

統一教会の人がそのような認識をすることはできません。また、その他の宗教を

している人も同様です。白光真宏会の人も無理ですね。

 

六月になりましたら、正しい宇宙観を持って頂くための何らかの機会を設ける

つもりです。

 

光星美者